「高い学力とやさしい心」を目標に私たちは日々の教育に力を注いでいます。その基盤となるのは子ども同士、子どもと教師、保護者の方がたとの温かい人間関係です。私たちが挨拶を大切にし、思いやりの言葉が行き交う風土を大切にするのは、品位と節度ある態度に裏打ちされた人間関係こそ「知・徳・体」のバランスの取れた21世紀型の人づくりに欠かせない資質だと考えるからです。これからも「明敏謙譲」の建学の精神をもとに、心と体と頭を磨き、謙虚さを備えた心身ともに健康な子を育ててまいります。
変化の激しい今という時代を生きる子どもたちに、私たち大人はどんな力をつけてあげればいいのでしょうか。未来は誰にも予想できません。 答えのない時代を生きる子どもたちに必要な力とは、どんな時代になっても自分の頭で考え行動できる力、変化に直面してもくじけることのない、たくましくかつ柔軟な心と身体であると考えます。
昭和学院小学校は、さまざまな活動を通して子どもたちの個性を伸ぱし、豊かな人間性を育むことで、国際社会に貢献できる人を育てていきます。

学校紹介ビデオ

学校サイトへ→

制服の紹介です
IMG_4921IMG_5168

学校の様子をご覧ください

 

昭和学院小学校は、一人ひとりの個性を伸ばし、素直でのびのびとした心を育てることを大切にしています。人は、人とのかかわりの中で多くのことを学びます。
友だちや先生とあたたかな人間関係を築き、それぞれの個性を発揮しながら学び合い、力を合わせ、共に成長し合う環境の中で、社会の中で力を発揮できる素地を育てます。

楽しい学校生活

IMG_4936_MG_1677IMG_4699

昭和学院の英語教育

私たちは思います。世の中がどんなに変わっても、子どもたちには本来持っている、人を慈しみ愛する心、ひたむきな探究心、未来を信じるカがあるということを。私たちができることは、子どもたちの内に秘められた美しい種を見出し見守ること。なかなか芽を出さない子もいるかもしれません。風雨に耐えかねて折れそうになること、枯れそうになって水をやらなけれぱならないこともあるかもしれません。けれども、じっと待つこと。私たちは「一心に、一身に。」向き合います。
 子どもたちはみな、自ら花を咲かせる力があると信じて。

 

学校サイトへ→